相続や遺言のご相談なら、無料で相談ができる弁護士法人アルファ総合法律事務所(所沢・新宿・国分寺)へお任せください。相続案件の解決実績多数。

遺産分割の種類と方法

遺産分割の種類

遺産分割の態様として、3つの種類を挙げることができます。
基本的には①~③の順で手続を進める、もしくは確認していくこととなります。

①遺言に基づいて遺産分割を行う

亡くなった方(被相続人)が遺言を遺しており、その中に遺産分割の方法が定められている場合には、基本的にはその規定に従った分割を行います。
(もっとも、こちらのページでご紹介するように、相続人全員の合意による、これと異なる分割方法もございます。)

また、被相続人は、遺言執行者といって、遺言の実行やその他の手続きを行うものを定め、その者に法的に権限をゆだねることができるため、そういった規定があるかどうかも確認します。

遺言による指定は法定相続分よりも優先される事項ですので、他人への遺産贈与も有効となります。

②協議で遺産分割を行う

遺言が存在しない場合や、相続人・遺産に漏れがあるなど、遺言が不完全である場合には、協議で遺産分割を行うこととなります。これを一般的に「遺産分割協議」といいます。

遺産分割協議において、相続人全員が合意すれば、必ずしも法定相続分や遺留分、遺言に規定されている指定相続分に縛られる必要はなく、自由な分割を行うことができます。

よって、全員の合意を前提として、全てを一人に取得させたり、一人の取得分を0にしたりすることも可能です。

③調停・審判で遺産分割を行う

遺産分割協議がまとまらない場合や、そもそも何らかの理由により相続人全員による協議自体ができない場合には、家庭裁判所に対して、遺産分割の請求をすることができます。

通常はまず家庭裁判所に調停の請求を行い、調停が成立しない場合に審判へ移行する、というのが一般的な流れといえます。

具体的な遺産の分割方法

具体的な「遺産の分割」にはいくつかの方法があります。
遺産が現金預金だけであれば分割は簡単なのですが、例えば不動産だけしかない場合や、有価証券しかない場合も想定できるためです。

そのため、①~④の手続きのうち、いずれかを選択し、もしくは組み合わせることで手続きを行うこととなります。

①現物分割

現物分割とは、遺産を文字通り「そのままの形」で分割する方法をいいます。

例えば、「株式をAさんに、不動産をBさんに、現金をCさんに」というような分け方や、「不動産をA・B・Cで持ち分に応じて分筆する」というような分け方を指します。

現金や預貯金のみを振り分ける遺産分割も、厳密に言えばこの「現物分割」に含まれます。

②換価分割

換価分割とは、遺産の一部または全部を売却してお金に換え(このことを「換価」といいます)、そのお金を相続人間で分割する方法をいいます。

財産が不動産や有価証券しかない場合や、遺産全体のなかで不動産等の占める割合が大きい場合に、この方法を用いることがあります。

③代償分割

代償分割とは、不動産などの全部を取得する代わりに、相応の対価を支払う分割方法をいいます。

たとえば、遺産が3000万円の不動産しかない場合で、相続分が均一の相続人が3人(A・B・C)いる場合に、Aが3000万円の不動産を取得する代わりに、BとCに1000万円ずつ現金を支払うような手続きを指します。

換価分割と同様、財産が不動産や有価証券しかない場合や、遺産全体のなかで不動産等の占める割合が大きい場合に、この方法を用いることがありますが、不動産等を取得する側には、代償を行うための相当の資力が必要とされます。

また、代償分割を行う場合には、遺産分割協議書にその旨を明記しておく必要がある点にも注意が必要です。

④共有分割

共有分割とは、ある相続財産について、各相続人の相続割合に応じた持分を設定して共有する方法をいいます。

たとえば、遺産が3000万円の不動産しかない場合で、相続分が均一の相続人が3人(A・B・C)いる場合に、A・B・Cのいずれもが当該不動産を1/3ずつ共有するような手続きを指します。

この分割方法は、最終的な分割の先送りと考えることもでき、のちのトラブルの引き金となることも多々あるため、特殊な事情がある場合以外には、あまりお勧めできる手続とはいえません。

どのような遺産分割が好ましいか

最終的にどのような遺産分割が好ましいかは、結局のところ、遺言の有無や各相続人の関係性、遺産の内容などによって左右されてしまいます。

分割の種類・方法いずれについても、どうしても個々の事情によって採るべき手続きが変わってきてしまうためです。

そこで、このような相談を気軽に行っていただくために、当事務所では相続・遺言に関する無料相談を行っております。

適切な遺産の分割をすすめていくためにも、まずはお気軽に当事務所(新宿・所沢・国分寺)の弁護士とご相談下さい。

相続・遺言は新宿・国分寺・所沢の当事務所へ TEL 0120-10-5050 【ご予約専用】 平日/土曜 9:00~18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

相続・遺言用語の検索はこちら

  • facebook

相続・遺言業務対応エリア

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平等

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 遺産分割の種類と方法のページ
Top