相続や遺言のご相談なら、無料で相談ができる弁護士法人アルファ総合法律事務所(所沢・新宿・国分寺)へお任せください。相続案件の解決実績多数。

遺産分割後に遺言が見つかったら

遺産分割後に遺言が見つかったら 目次

遺言書の効力について

遺言書に記載されている内容は、最大限に尊重されるべきであることから、法律上で定められている法定相続分に優先します。

そのため、遺言と異なる内容の遺産分割を行いたい場合(例えば、法定相続分通りに進めたい場合など)には、相続人・受贈者等の全員の同意が必要とされます。

このように、通常は「遺言書の発見⇒遺産分割」という流れになるのですが、例えば遺言書を書いていたことが誰にも知らされておらず、遺産分割後の遺品整理で発見されるような場合があります。

通常の流れと逆といえる「遺産分割の完了⇒遺言の発見」という流れになってしまった場合には、どのようにすれば良いのでしょうか?

相続人全員の意思確認

遺産分割が完了した後に遺言書が発見された場合には、原則としては遺言の内容に従った分割を行うこととされています。

なぜなら、先にも述べたとおり、遺言書の内容は最大限尊重されるべき、被相続人の遺志だからです。

しかし、例外として、遺言書の内容を相続人全員が確認し、従前の分割協議の方を優先させるという結論が全員一致で出た場合には、遺言に基づいた遺産分割を行う必要はございません。

そのため、こういったケースにおいては、まずは可能であれば相続人全員を集め、難しいなら郵送や持ち回り等の手段を用いて、相続人全員に遺言内容について意思確認をし、遺産分割協議をやり直したい相続人がいるかどうかを速やかに確認するようにしましょう。

再分割協議の実行

分割協議後に遺言書が発見され、相続人のうち一人でも遺言を優先させたいという者がいる場合には、遺産の再分割協議を行わなくてはなりません。

但し、遺言書の中に遺言執行者の指定があった場合には、再分割の協議が必要か否かについて、遺言執行者の判断にゆだねることとなります。

また、遺言書の内容として、新たに「第三者への遺贈」や「子供の認知」、「推定相続人の廃除」に関する指定があった場合には、再分割の協議を行うこととなります。

その他にも再分割の協議を行う必要がある場合がありますので、遺産分割の後に遺言書が発見されたという場合には、まずは専門家である弁護士へのご相談をお勧めいたします。

当事務所では遺言・相続に関する無料相談も実施しておりますので、お気軽にご予約下さい。

相続・遺言は新宿・国分寺・所沢の当事務所へ TEL 0120-10-5050 【ご予約専用】 平日/土曜 9:00~18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

相続・遺言用語の検索はこちら

  • facebook

相続・遺言業務対応エリア

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平等

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 遺産分割後に遺言が見つかったらのページ
Top