相続や遺言のご相談なら、無料で相談ができる弁護士法人アルファ総合法律事務所(所沢・新宿・国分寺)へお任せください。相続案件の解決実績多数。

遺産分割の禁止

遺産分割を禁止する意味・理由

遺産分割は、相続が開始したあと、いつでも行うことができるので、本来的には時期的な制限はございません。

しかし、例えば一部の相続人が未成年であって、その者の判断能力が成熟するのを待ちたい場合などにおいては、一定期間の遺産分割を禁止した方が平等であり、実益があると考えることができます。

また、遺産分割の前提として、相続人資格や遺産の範囲・評価などについての民事訴訟(裁判)が提起された場合など、この解決を待った方が合理的である場合にも、一定期間遺産分割を禁止することがあります。

遺産分割の禁止に関して、弁護士法人アルファ総合法律事務所では無料相談を行っておりますので、是非ご予約下さい。

遺言による遺産分割の禁止

被相続人は、遺言により、相続開始の時から5年を超えない範囲内で遺産分割を禁止することができます。

遺言による遺産分割の禁止は、主に相続人が若年であって、当該相続人の判断能力が成熟するのを待ちたい時に用いられる方法です。

協議による遺産分割の禁止

各相続人等は、当事者の全員が合意すれば、5年を超えない範囲内で遺産分割を禁止することができます。

協議による遺産分割の禁止は、主に時価や実勢価格の高騰が考えられる遺産がのこされている場合や、一定期間は共有状態であった方が都合のいい遺産があった場合に用いられる方法です。

家庭裁判所による遺産分割の禁止

相続人間で協議が調わないときには、家庭裁判所に対して遺産分割禁止の調停を申し立てることができます。

また、特別な事情がある場合(相続人資格や遺産の範囲・評価などについての民事訴訟(裁判)が提起された場合など、この解決を待ってから分割をした方が合理的な場合など)には、家庭裁判所の審判で遺産分割を禁止することができます。

これらの場合にも、遺産分割が禁止できるのは、相続開始の時から5年を超えない範囲内のみに限られます。

相続・遺言は新宿・国分寺・所沢の当事務所へ TEL 0120-10-5050 【ご予約専用】 平日/土曜 9:00~18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

相続・遺言用語の検索はこちら

  • facebook

相続・遺言業務対応エリア

所沢オフィス
所沢、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平等

新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 遺産分割の禁止のページ
Top