被相続人(遺産を残した人、亡くなった人)の財産上の地位を包括的に承継する者(相続権を持っている者)を相続人といいます。

相続人の範囲は法律で定められており(これを法定相続分といいます)、被相続人の配偶者は常に相続人となります(法定相続人といいます)。ただし、戸籍上に入籍していることが要件ですので、いわゆる内縁の妻や離婚した前妻には相続権がありません。